トップページ

ユーザー事例1

ユーザー事例2

 

banner
Top page > 事例1
ZWCAD事例1

ケープタウンで建物を設計するReg Whittaker のZWCADについてのストーリー


事例

南アフリカのケープタウン出身のベテラン建築家であるReg Whittakerは、この仕事を50年近く続けてきました。建築への溢れる情熱から、CADテクノロジーの発展に関する彼の気持ちとZWCADでの設計経験をシェアしていただきました。

「私の物の見方は少し変わっていますが、それでも皆様のお役に立てれば幸いです。」
およそ10年間、私は製図事務所での製図板を使って作図してきました。所謂鉛筆や赤ペンでの手設計です。

しかし1986年に、RM24パソコン(20 MBのハードドライブ)を購入したことで、私の人生が大きく変わりました。

事例

CADがなかった時代の設計、画像提供:NooPun / Imgur

コンピューター支援設計システム(CAD)は当時、まだ初期の段階でしたがその後、CADが普及して来ました。私の仕事はジェットコースターのように速くなりました。

私が長年間製図板で行ったすべての動作を、コンピューターのプロッターで短い時間で実行できました。それを最初に見たときの衝撃を、忘れるわけがありません。

この奇跡が私の建築とコンピューターへの情熱を更に熱いものにしました。

事例

Regが設計したパール バレー ゴルフ エステート アンド スパでの住居

1986年以降は私の「ザ・ベストCAD・イヤーズ」とでも言えるでしょう。その中の私のベストな瞬間は現在、私が選択したソフトウェア、ZWCAD 2019です。

私はずっとAutoCADRの古いパッケージを使用していましたが、CADソフトウェアの価格と洗練度、両方とも急上昇していることに気付きました。

長年洗練され続けるCADソフトウェアは、より複雑になりました。簡単かつ合理的なプロジェクトをメインとする中小規模のオフィスにとっては、時間の節約よりも障害の方だと多いと思われていました。同僚や従業員からは、「これから、CADを操作するためには大学に行く必要があるだろう」、「CADを買うために住宅ローンを借りる必要があるだろう」などと冷笑する傾向すらありました。

私は「CADの操作方法を学ぶために」大学に行きたくありません。時間もなかったですし、古いCADソフトウェアは高度にカスタマイズされていて(アーキテクチャアドオンパッケージもあり)、ますます苛立たしいものになりました。画像を挿入したり、ExcelやPDFアンダーレイを図面に貼り付けたりするなどのアドバンスな機能はもちろん実行できなかったんですが、より複雑なプリンターやプロッターが必要なことは言うまでもありません。

ZWCADとの出会いは最良のものだと自身を持って言えます。

ZWCADがなければ、私の建築は今の成功に程遠いことは間違いありません。

事例 

Regが西ケープ州ダーバンビル地域で設計した家

ZWCADに本当に感謝しています。ZWCADは毎回のリリースで進化し続けているだけでなく、手頃な価格を維持してくれました。

何より、高度にカスタマイズされた古いCADパッケージからプロジェクトをZWCADに移行し、改善、挿入、カスタマイズすることができ、より綺麗な図面が作成出来ます。

手描きの仕様設計でも、クライアントが承認してから、ZWCADで完璧なスケッチ設計に簡単に変換できます。

簡単にカスタマイズできるZWCADツールパレットとキーボードショートカットを利用して、時間を大幅に節約できるCAD機能を使用できます。

都市計画と設計の観点から見ると、数百もの家が含まれる大規模な開発計画は、ZWCADで設計およびレイアウトを簡単にできます。

事例 



Regの町計画・ブリッケンリッジ村

ZWCADレイアウトモードでは、すべての画像およびその他の周辺機器が追加されているため、Hewlett-PackardRAOプロッターを使用して、PDFファイルで印刷された図面は、加工無しでも非常に優れたプレゼンテーションになりました。 私はZWCADに感謝しています!そのため、私はZWCADを高く評価していますしZWCADがあるからこそ、私の作品は、現代の卓越したソフトウェアに受け入れられています。

私は自信を持って未来に向かって進むことが出来ています。

Regのストーリーは、「自分に適したものがベストだ」ということを強く印象付けています。もしあなたにもこんな素敵なエピソードがあればぜひ公式Facebookページにて教えてください。



上記はすべて、特に明記しない限りReg Whittakerからの言葉です。


■お問合せ先 CHAM-Japan (チャム・ジャパン)
TEL :03-5210-9356
FAX :03-5210-9359
E-mail:
mail
 

ダウンロードはこちらから

※体験版はシングルライセンスとなります。
ネットワークライセンスの体験版をご希望の方は、こちらのフォームからお問合せださい。