サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート > スプライン編集
ZWCADの小技9

スプラインの編集

【概要】

ZWCAD2010で、スプラインの編集が行えるようになりました。

スプラインは多くのアプリケーションと、特にGIS(写像する)産業に使用されます。例えば、我々はスプラインで地形の地図の上に等高線を描くことができます。ZWCAD 2009iと比較して、スプラインの編集は大きく改善されました。

私の親友の1人が地質学の調査デザイン研究所で働いています。彼はスプラインコマンドを地理的な輪郭を引くために使い、そしてZWCAD2010の
スプラインエディタの改良が仕事をより効率的にするであろうと言います。

スプライン


ZWCAD 2010でスプラインを選ぶとき、グリップ点が表示されます。これらのグリップ点を使用して、フィット点の場所を編集することができます。この編集により、スプラインの流れを 編集することができます。

 

スプライン


フィット点を整理し、制御点の場所を変えた後に、グリップは制御点として表示されます。(スプラインのコントロールフレームがオンに
なっているとき、グリップは制御点とフィット点に表示されます。)

グリップで、フィット点を修正することができます。
スプラインの精度を変えるために点の削除、移動、追加をすることができます。
スプラインの許容値を変えることができます。