サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート > カスタマイズツールバーボタンの作り方(LISPを使用) 
ZWCADの小技54

 カスタマイズツールバーボタンの作り方(LISPを使用)

カスタマイズツールボタンの作り方の例として、左90°回転のツールバーボタンの作成方法を説明します。
ZWCADでは、カスタマイズメニューを作成するために、メニューファイルを作成する必要があります。

1 メニューファイルRotate.mnuを作成します
下記は、Rotate.mnuファイルのテキスト内容です。

//----------------------------------------------------------------------------------
***MENUGROUP=ROTATE

***TOOLBARS

**TEST_ROTATE
ID_Rotate [_Toolbar("Rotate", _Left, _Show, 0, 136, 1)]
ID_ROL_LEFT90 [_Button("左90°回転","RotLeft90.bmp","RotLeft90.bmp")]^C^C^P+
(setq ss (ssget))(command "_rotate" ss "" pause "90")(princ)

***HELPSTRINGS
ID_ROL_LEFT90 [基点を中心にオブジェクトを左90°回転]
//-----------------------------------------------------------------------------------


メニューの「ツール」→「カスタマイズ」→「メニュー」をクリックすると、カスタマイズメニューロード画面が表示されます。「ロード」ボタンで作成したRotate.mnuファイルをロードします。

カスタマイズメニューロード

ロードした後、ZWCADを終了して、再起動します。下図のように、画面左側、新しいツールバー「左90°回転」ボタンが追加されました。

ツールボタン

2 ツールバーのアイコンイメージを作成します
下図のように、「左90°回転」を右クリックして、「カスタマイズ」をクリックします。
ツールバーのカスタマイズ

「カスタマイズ」をクリックすると、カスタマイズ画面が表示されます。
再度「左90°回転」を右クリックすると、下図のようなメニューが表示されます。
ボタンイメージの編集

「ボタンイメージの編集」をクリックすると、下図のように、ボタンエディタ画面が表示されます。

アイコンエディタ

イメージの編集を終わったら、「OK」ボタンをクリックすると、「左90°回転」ボタンをアイコンイメージが表示されます。再度「左90°回転」に右クリックします。下図のように、「ボタンイメージのコピー」をクリックします。

イメージのコピー

次に、下図のように、コピーしたイメージをペイントに貼り付けて、「RotLeft90.bmp」の名前でRotate.mnuと同じフォルダに保存します。

ツールボタンアイコン

3 Rotate.mnuファイルを再ロードします
   下図のように、ロードされたROTATEメニューをアンロードして、再度メニューファイルRotate.mnuをロードします。

カスタマイズメニューロード

「カスタマイズメニューロード」画面を閉じると、下図のように、ツールバーボタンが表示されます。

ツールボタン