サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート > 画像ファイル形式
ZWCADの小技3

画像ファイル形式

【概要】

ZWCAD2009では、図面を画像ファイルとして出力することはできませんが、これは、GIS図面 (地理情報システム) 等をZWCADで使用する人にとっては、画像ファイルの変換に別のプログラム を使用しなければならないなど、不便な面がありました。

しかし、半年の歳月をかけ、様々な画像ファイル形式の出力を可能にしました。
JPEGとPNGの他に、TIFF、GIF、JPC、PMN、MNG、TGA、PCX等、16種類の画像ファイル形式の出力がZWCAD2009iで可能になりました。

【操作方法】

JPEGとPNGはデフォルトの設定のままでプロッタ管理から選択することができ、自動的にプリンタのリストに加えられます。
また、下記の方法で、この2つのフォーマット以外の画像ファイル形式を出力することが出来るようになります。

1. ファイル/プロッタ管理から、プロッタ追加ウィザードを開きます。プロッタ追加の紹介画面が立ち上がるので、次へをクリックして下さい。

2. 次の画面で、マイコンピューターを選択し、次に進みます。 ここで、モデルから追加したい画像ファイル形式を選択し、次へ進みます。

次へ進みます。

ここで追加するファイル形式の、プロッタ設定名を入力し、次へ進みます。

完了をクリックします。

3. 再度ファイル/プロッタ管理を開くと、設定したフォーマットの.pc5ファイルが作られています。