製品概要

製品詳細

機能比較表

ネットワーク版

価格

動作環境

オンラインデモ

体験版ダウンロード

よくあるご質問

ご購入

ZWCADカタログ
(pdf)ダウンロード

トップページ

banner
Top page > プロダクト > ネットワーク版
ZWCAD ネットワークライセンス (5ライセンス以上購入可能)
ネットワークライセンス

多くの設計者を抱える会社では、CADを利用する全てのエンジニアに対してライセンスを
購入する必要があります。結局、購入コストが増大する他に、ライセンス管理も不透明で
煩雑になり、運用に非常に苦労することになります。

しかし、実際の現場では設計者は就労時間全体の50%〜60%程度しかCADを使っておらず、
購入した全てのライセンスが効率的に利用されているとは言えません。

ZWCADをネットワークライセンスで導入頂くと、ライセンスマネージャーソフトをインストールした
一台のPCにUSBライセンスキーを装着して(ソフトウェアライセンスの場合はUSBキーが必要ない)
おくことで、当該ローカルエリアネットワーク (WindowsOSのみ対応)内にある全部のPCにインストール
されたZWCADを起動することができます。

1ライセンスを複数のユーザで共有することで、最適コストで柔軟なCAD利用環境を構築する
ことができます。また、ZWCADなら、ライセンスマネージャーソフトをインストールするのは
任意のPCでOK、わざわざ専用のサーバーPCとサーバーOS環境を増設する必要はありません。

ネットワークライセンス活用イメージ ↓
ネットワークライセンスの活用

柔軟なライセンス利用

ネットワークライセンスはZWCADを実行するPCやユーザーを固定しません。
すなわち、当該ローカルエリアネットワーク内では購入ライセンス数以内であれば、何台でも
同時利用が可能です。

また、誰でも、どのPCでもローカルエリアネットワーク内であればライセンス利用が可能なため、
常時CADを使用するわけではないが、承認、検査の時だけ使用する、というような使い方にも、
ネットワークライセンスだと柔軟に対応できます。このように様々なニーズに対応した柔軟な
CADソリューションが構築できます。

インストレーション負担軽減

ライセンス管理者にとって大きな負担となるインストール作業も、ネットワークライセンスなら
サーバとなるクライアントPC上のセットアッププログラムからその他のクライアントPCへ
インストールできるので、作業負担が軽減され、また不正インストールの心配もありません。

管理コスト低減・適切な運用計画

スタンドアローンライセンスでは、ライセンス数が増え、利用部門が拡大するとライセンス管理が
煩雑になります。ネットワークライセンスでは、ライセンスマネージャープログラムがサーバ上で
集中的にライセンス管理をするので、ライセンス管理者の管理コストを削減できます。
また、実際の運用状況を見ながら適性ライセンス数を補正でき、適切な運用計画を立てることが
できます。

ネットワークライセンス対応製品
ネットワークライセンス対応製品の現行バージョンは次の通りです。
ZWCAD Classic(ソフトウェア認証のみ)