トップページ

製品概要

製品詳細

機能比較表

価格

動作環境

体験版ダウンロード

オンラインデモ

テクニカルノート

サポート

よくあるご質問

ご購入

ZW3Dカタログ

CADbroカタログ

活用例

Top page > プロダクト > 機能詳細
●データ変換
一般的な中間フォーマットおよびネイティブデータに対応

入出力ファイルフォーマット対応表(ZW3D2016)

データ バージョン 拡張子 IN OUT
CATIA V4 4.19〜4.24 cat, model, exp
CATIA V5 R8〜R25 catpart, catproduct
CATIA V6 V6R2012-V6R2015(※1) catpart, catproduct ×
Unigraphics/NX UG V11〜V18/ NX 〜10 prt ×
Creo / (Pro/E) V16〜Wildfire5.0, Creo2.0, Creo3.0 prt, asm ×
SolidEdge  v18-ST8  par, asm, psm ×
SolidWorks(**) 98〜2015 sldprt, sldasm ×
Inventor 〜2016 ipt, iam ×
IGES 5.3 igs, iges
Parasolid 7〜28 x_t, x_b
STEP AP203・214 stp, step
ACIS(SAT) R7〜R26 sat, sab, asat, asab
STL stl
DXF/DWG R11〜2013 dxf, dwg
CGR  −  cgr ×
3DXML  V4.3   ×
XCGM  R2012-2016 1.0  xcgm ×
VRML wrl
画像 jpg, bmp, tiff, gif, png(※2) ○(※3)
動画 avi × ○(※4)
点群(※5) csv, txt, asc, dat, exp, xyz ×
PDF(2D, 3D) pdf ×
JT(※6)  〜V10  jt

※1 ファイル形式で出力されたデータのみ
※2 pngファイルは出力のみ
※3 スケッチ背景やテクスチャ等で利用可能
※4 アセンブリのアニメーション出力作成時のみ
※5 STLをインポートした場合、ZW3D内では表示情報のみをもった要素となるため、ジオメトリ要素として扱うことはできません。このため、STLインポー トし、IGESやParasolid等の外部中間ファイルフォーマットに変換した場合、それらのファイルはデータ情報の無い空のファイルとなりますのでご 注意ください。 IGES等外部ファイルに出力する場合は、表示情報のデータからジオメトリ要素に作り直す必要があります。 これらの作業には点群コマンドを用いて処理することが可能です。
※6 JTファイルのインポート/エクスポートは追加ライセンス(有償)が必要となります。
※** SolidWorks2015のファイルインポートはZW3D 64bit版に限ります。
※CATIA/Unigraphics/NX/Creo/SolidEdge/Solidworks/Inventorのインポートにおいて、スケッチや図面に相当する曲線や点、テキスト等のフィーチャやオブジェクトのインポートはできません


●ハイブリッドモデリング
多彩な曲面作成機能

多辺に囲まれた部分でも各フェースの連続性を維持したフェースをすばやく作成。設計はもちろんのこと、データ修正時の欠落部分のフェース作成などに威力を発揮。モデル自体の不具合について手順操作すべてのサーフェスを修復でき、閉じた形状を素早く作成。 UV方向のエッジやワイヤフレームを指定することで、各フェースおよび補助線の連続性を維持したフェースを作成。1点に収束する場合もスムーズなサーフェスを作成可能。 サーフェスを貼るのが難しい複雑な形状部分にも、Nサイドパッチコマンドで対応。作業の流れの中で、作成する曲面の次数や隣接するサーフェスとの連続性を考慮した設定が可能。

 
形状変形・編集機能

フェースやフェース上の点を任意方向に引っ張って変形することが可能。NURBS関数を使用するため、作成済みのフェースから制御点を呼び出して対象部分のみを変形でき、変更前後の連続性の変化を把握する曲面解析の表示、スライドバーで曲率の調整も可能。複数サーフェスから接線連続した1枚のサーフェスを作成。サーフェス間の連続性をG0からG1へ変更も可能。

 
高度なブレンド面

セットバック距離や弧の形状、任意箇個所で複数のRを指定できる徐変フィレットが作成可能。ゼロRに収束するフィレットも可能。ソリッドコマンドでフィ レットがかからない場合でもベースサーフェスを最適に活用してサーフェスフィレット形状を形成。履歴のない形状に対するフィレット部分の編集作業にも柔軟 に対応。

 
2D図面を参照しながらの3Dモデル化

ZW3Dならではの操作性のよさを活かして、2D-CADのデータをもとに、3Dモデルを簡単に作成。既存の図面資産を有効に活用。

 
寸法拘束による形状変更・最適化設計

完全パラメトリック対応カーネルを採用しているため、ヒストリをもとにしたモデル修正も短時間かつ容易に作成可能。
また、最適化設計により要求された数値仕様に基づいた形状に自動変更。とりわけ意匠デザインで数値制約条件を考慮した設計を支援。制約条件で数値を変更し ながら設計の検討が容易。形状を決定する変数として最大6個までの条件変数を設定可能。変数値を変化させることで解を導き出す。

 
●スケッチ

スケッチのための豊富な機能を搭載

スケッチカーネルにはD-cubeを採用。
線分や円、円弧、楕円、長方形など基本要素だけでなく、スプライン、多角形、フィレット、面取り、オフセットなど作図効率を高めるコマンドを搭載しています。
必要であれば、作図後に図形に一括で寸法および幾何拘束を与えることができるため、拘束を気にせず自由に作図することができます。
マウスドラッグによる図形のダイナミック変形機能も搭載。

既存アセンブリパートや作成中モデルを参照しながら、隣接部品や要素を作図することが可能。

 
●アセンブリモデリング

断面表示機能

任意の位置でアセンブリ断面をダイナミックに表示。全体表示から断面表示へのワンタッチ切り替え、断面表示状態でのモデリングや部品間干渉表示が可能です。

 
アニメーション機能

アセンブリ検証のためのアニメーション機能が搭載されています。拘束条件と指定時間に基づいてアセンブリが動きます。動きと同時に画面の拡大率や向きも編 集できます。アニメーションの設定はアセンブリと同じZW3Dファイルに保存され、CADと同じファイルでアニメーション画面に切り替えることができます。

 
ギアの回転シミュレーション

歯車の回転動作シミュレーションが可能です。入力パラメータは歯数とギア比率どちらでも選択できます。歯車の無い円筒形状でも、これらのパラメータを定義できます。断面表示状態でも回転できます。

 
●ヒーリング
正確なトポロジーチェック

驚くほど短時間でのトポロジーチェックを実現。モデルに対してユーザが指定した公差で頂点、エッジ、フェースの不正箇所と自動修正を行ないます。

 
エッジ接合

離れた2対のエッジを指定し、エッジを接合します。トリムや延長などの煩わしい処理から解放されます。

 
微小エッジの削除

ソリッド化に問題を起こす微小なエッジを自動検出し、削除します。

 
穴埋めコマンド

フェースが欠落した箇所の隙間にフェースを作成します。隣接との接続性を考慮し、滑らかに作成することができます。

 
●シートメタルモデリング
図面作成

展開形状を図面化します。
展開モデルだけでなく、折り曲げ過程をレイアウトすることも可能です。

 
部分展開/部分曲げ

曲げ状態から指定部位のみを展開したり、展開状態から指定部位のみを折り曲げることがいつでも可能です。

 
曲げR/曲げ角度の変更

内曲げ半径や曲げ角度を変更することができます。

 
展開伸びしろのためのKファクタ設定

中立軸比となるKファクタの設定が可能です。材質や板厚に応じて自由に設定することができます。

 
コーナー処理

フランジ部側面を延長しコーナーを閉じます。
コーナー形状は3つのパターンがあります。

 
曲げ/部分曲げ

エッジをクリックし曲げフランジの作成ができます。
エッジの一部を指定した部分処理も可能です。
曲げ角度、フランジ長さを自由に設定できます。

 
レリーフ

曲げフランジ作成時に同時にレリーフ(ノッチ)を作成できます。

 
絞り/ルーバー

スケッチ図を利用し絞り形状やルーバー形状を作成できます。

 
●図面
3Dと2Dの連携

3Dモデルを作成後、図面用紙を選択するだけで自動的に2D図面に展開。図面作成の時間を大幅に短縮します。

 
断面図/寸法

要素を指定するだけで寸法タイプが自動切換え。さまざまな寸法条件の自動配置によって、素早く図面化、任意の個所を指定した断面図を簡単に作成可能。

 
図面上での3Dシェーディング

D図面上にシェーディングされたモデルの3D画像を表示。ビジュアルでわかりやすい画面が作成可能。

 
部品表・穴テーブル

部品表と穴テーブルの自動作成が可能。

 
●レンダリング

高画質レンダリング

モデルのプレゼンテーションに効果的に利用でき、ドラフトアングルやコントラストを任意に調整した高画質のレンダリングが行なえます。

 
●点群 (プロフェッショナル版の機能)
点群からのサーフェス作成機能

3次元測定器やデジタイザなどからの点群データを基に、ダイレクトに滑らかなサーフェスの作成を実現。測定された点群をNURBS補間機能により、図面や モデルのない立体からも高精度な3次元モデルを作成可能。モックアップからのサーフェスモデル作成のほか、プレス成形品などのリバースエンジニアリングに も有効。

 
複雑な点群データのテセレーション

NURBSサーフェスの変わりに、小さな複数のパッチで構成するテセレーションデータを作成できます。処理の高速化と360度のスキャンしたデータ処理を実現。

 
●金型設計支援機能 (プロフェッショナル版の機能)
パーティングラインの自動生成・編集機能

シルエット、平面公差、エッジなどのパーティングラインのコマンドにより、素早くパーティングラインの作成が可能です。トリム、分割、延長が可能で、複雑 なパーティングラインを手作業で作成する場合にも威力を発揮します。サーフェス同士の交線をパーティングラインとして活用できるなど、パーティングライン とパーティング面の変更もより柔軟に対応できます。

 
インタラクティブなキャビ・コア分割

パーティングラインをもとに、ワンコマンドで素早くキャビ・コアモデルの作成を行ないます。

 
自在なパーティング面機能

作成したパーティングラインから、パーティングサーフェスの自動生成が可能です。パーティングラインが平面でない場合には、パーティングラインの傾きやねじれに沿ったパーティングサーフェス作成コマンドを用意しています。

 
クーリングチャネル

曲線を利用した冷却回路の作成やOリング用の座ぐり穴を定義する機能を装備しています。

 
電極作成

電極を行う部位のフェースを選択することで、電極形状をすばやく作成することができます。 3次元オフセットおよび2次元オフセットに対応しています。

 
●CAM (プレミアム版の機能)
多面加工機能

穴の位置や大きさ、深さなどを自動判断します。
加工プロセスの登録により、穴あけ加工の効率化を実現します。
穴以外にもポケット加工や輪郭、形状仕上げ加工も可能です。

 
ツールパス再計算も短時間で可能

一度作成したツールパスは、システムが認識しているため、形状変更などに伴ってツールパスの再計算が必要な場合にも、再計算を高速で行ないます。

 
切削シミュレーションによる動作検証

検証機能では、CADで作成したアタッチメントやホルダー形状を活用して動作検証が可能です。検証時にモデルの回転、縮小、移動表示も可能です。また、削り残しや削り過ぎを分析し、グラフィカルに表示することも可能です。

 
●2軸・穴加工 (プレミアム版の機能)
2軸加工

ワイヤー、スケッチ、サーフェス/ソリッドのエッジを利用しパス計算します。
輪郭径補正やテーパー面の加工も可能。
ソリッド検証で切削結果をグラフィカルに確認可能。

 
穴加工

ZW3Dで設計した穴フィーチャの情報を取得し穴の位置や大きさ、深さなどを自動判断します。
シリンダや円、点からの加工も可能です。
加工プロセスの登録により、穴あけ加工の効率化を実現します。
非切削移動時に製品やストックを干渉チェックすることができます。

 
●3軸 (プレミアム版の機能)
ユーザフレンドリなクイックミル機能

3軸加工用クイックミル機能は、高スピードで最適なツールパスを作成します。機械や工具の変更のほか、複雑なツールパスも容易にかつ視覚的にチェックでき、リンク部や階層を移動する加工パスも滑らかに作成します。

ワイヤー、スケッチ、サーフェス/ソリッドのエッジを利用しパス計算します。
輪郭径補正やテーパー面の加工も可能です。
ソリッド検証で切削結果をグラフィカルに確認できます。

 
●5軸 (プレミアム版の機能)
ユーザフレンドリなクイックミル機能

工具を傾けることで周速を上げる、突き出し量を短くするなで切削効率が向上します。 従来の航空機、流体部品の分野以外にも豊富な多軸加工オペレーションで様々な分野をサポートします。

 

                

CHAM-Japan (チャム・ジャパン) 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 明治薬科大学剛堂会館ビル6F-A
c2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999