トップページ

サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

support
Top page > サポート > テクニカルノート > ZWCADの小技156 | >ZWCAD2020 Proで、3Dモデルに寸法線を作図する方法
ZWCADの小技156

ZWCAD2020 Proで、3Dモデルに寸法線を作図する方法

今回はZWCADのProバージョンに搭載されている3D機能を用いて寸法線を作成する方法をご紹介します。
ZWCADは3次元機能を有していますが基本的には2次元CADですので寸法線の作成は、基本的にX,Y平面で行います。 下記のように、長さ寸法コマンドで、底面(X,Y面)に寸法線を作成します。

DWGの開くプログラムの関連付け

 

XY平面上に無い場所へ下の図のように寸法線を作成するには以下の方法で作成します。
DWGの開くプログラムの関連付け

 

@からDの順で、縦の面をX,Y面に定義して、寸法線を作成します。@「UCS面の表示」アイコンをクリックして、UCS面(X,Y面)を定義します。
AX,Y面に定義したい任意の面を選択します。(この場合縦方向の前面を選択)
B「Enterキー」で確定します。
C「長さ寸法コマンド」を実行して、任意の点を選択し、寸法を作成します。(この場合、縦の両端を選択)
D「ワールド」アイコンを選択することで元の座標系に戻すことが出来ます。

以上の方法で、3Dモデルに寸法線を作図します。
ZWCADの製品概要について