Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cham-japan/www/main-new/wp-content/themes/zwcad/single-faq.php on line 5

よくある質問

今回はZWCADの日本のお客様である「日本調査株式会社」の事例をご紹介いたします。

日本調査株式会社について

土木構造物の点検・調査、環境・交通等のフィールド調査及び各種データ処理と解析を専門としており、
ZWCADを生かして社会インフラの整備及び再構築と安全性確保を支援している会社となります。

インフラ事業ってなに?最近どんな感じなの??

少子高齢化や環境保全の問題を背景に、現在、日本のインフラ整備の焦点は、拡大から既存資本の有効利用へと変化しています。
1991年、東京に設立された日本調査株式会社は、計画立案・実地調査及び集計・解析までのトータルな業務を通して日本のインフラ事業に貢献してきました。
現在、日本各地まで事業を展開しており、建築家、エンジニア、測量士など125名もの専門家を擁しています。

いつでもどこでも安定した作図環境を求めて

日本調査は主に構造物(橋梁、トンネルなど)、交通施設、地質、都市計画に携わってきたため、CAD活用の歴史は長く、また、強力な設計ソリューションが不可欠でした。
ところが、CADソフトウェアのコストは年々高騰していき、より費用対効果の高いソフトを探す必要が出てきました。
そこでフリーや安価なCADソフトウェアを試してみましたが、安定性において要求のレベルに達しておらず、移行計画は難航します。
そんななか、2012年頃、ZWSOFTの日本での販売代理店であるCHAM Japanの紹介により、ZWCADの利用検討を開始しました。

まず、第一の関門はZWCADの安定性を評価することでした。

ZWCADで大きな地形図を開く時のスピードの速さ、またその安定性にとても満足しました。
さらに、ZWCADのインターフェースとコマンドがわかりやすかったので、再度勉強する必要もなく、トレーニングコストも削減できました。
そして、現場、オフィスでネットワーク形式のライセンスとUSBドングル形式のライセンスを使い分けて運用できるため、仕事効率が向上し、
社員間の連携もよりスムーズになりました。特にネットワークライセンスを利用してトータルのライセンス数を最小限に抑えることで、
ソフトウェア利用コストを大きく削減することになりました。

ZWCADで橋梁点検の図面を作成している日本調査の従業員

■橋梁点検の効率化に貢献する強力なAPI

これまでに、日本調査が点検した橋梁は数万橋にも上り、2017年だけでも、8,500橋以上の点検実績があります。
ただ、以前使用していた無料のCADソフトウェアはAPIをサポートしていないため、業務への影響が大きかったことが課題でした。
APIが搭載されていないがために、橋梁点検の結果をデータベースで集計、調書を作成する内部のアプリケーションが利用できなかったのです。
そして、データ同期も複雑かつ不完全なものでした。

橋梁の一般図作成

ZWCADの安定したAPIとカスタマイズ可能なインターフェイスのおかげで、
アプリケーションプログラムを介して点検図面を対応する注釈と同期させることが可能になりました。
「.NET APIを利用してのプログラム移植の過程で、不具合は特に見られませんでした」と日本調査の技術社員にその性能を評価して頂きました。
ZWCADでプログラムを使用できるようになったことで、ケアレスミスが減少し、業務効率が大幅に向上したそうです。

■道路調査の効率を向上させる便利なCAD機能

橋梁やトンネル等は、その整備も極めて重要で、外観検査・リバウンドハンマー試験・リーク検出・超音波探傷検査などを日常的に行っています。

コンクリートの写真を撮って加工し、ひび割れを際立たせます。そして「IMAGE」コマンドで処理済みのラスタ画像をZWCADに挿入し、
POLYLINEまたはLINEを使用して損傷を追跡し、楕円・引出線・およびマルチテキストで注釈を付けます。
同様に、道路の縦断を作成/編集をするため、まずJPGやTIFFフォーマットの画像を挿入し、次にPOLYLINEで輪郭を作成します。
デザインセンターに保存されている道路標識の標準ブロックを利用することで、必要なものを簡単に見つけ、利用することができます。

トンネルの損傷を追跡して注釈を付けています

環境保全と都市開発のバランスを取ることは、世界的にもなくならない課題です。
日本調査の専門家達は、その豊富な経験と専門知識を活かして、日本のインフラ整備に取り組み続けます。

ZWCAD