Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cham-japan/www/main-new/wp-content/themes/zwcad/single-faq.php on line 5

よくある質問

今回はドイツのBZB社へのZWCADの導入の経緯と効果について、インタビューを踏まえて掲載いたします。

本ストーリーはドイツのみならず日本の方も直面している問題を題材としております。
ZWCADがどのようにして導入されたのかを出来るだけ忠実なストーリーをお届け致します。

BZB社について(Bayerische Zugspitzbahn Bergbahn-バイエルン ツークシェピッツェ 登山鉄道)

BZB社はドイツのバイエルン州を拠点とする登山鉄道の会社です。
1930年にヨーロッパ随一の自然を世界中のお客様に提供するために設立されました。今では隣国のオーストリアとの国境すぐにある
ツークシェピッツェ山を拠点としてドイツ最高峰の山々を一歩も歩くことなく楽しめるロープウェイでの絶景体験も提供しています。

ツークシェピッツェ山について

ドイツのバイエルン州とオーストリアのチロル州の国境にある山脈で、高さ2,962mのドイツ最高峰です。
ツークシェピッツェ”とはドイツ語で「峰の連なり」もしくは「連なる峰」を意味しています。
特に冬季シーズンでは息を飲むような絶景が評判で、ウインタースポーツを楽しむ方も多く訪れています。

■ドイツ最高峰への「障害」

ロープウェイ、登山鉄道或いはケーブルカー、など様々な呼び方でこの乗り物は広く知られています。しかし、このドイツ最高峰、
ツークシュピッツェ山の場合では、ロープウェイの建造は一筋縄では行きません。2014年の秋、建造プロジェクトが始まりました。
このプロジェクトは、5,000万ユーロ(約:60億円)を投じて、数百人のスタッフの懸命な努力により、3年以上かけて完成したドイツのメガプロジェクトでした。

※画像が重いのでご注意ください。

このプロジェクトを完成させるためには、エンジニアリングソフトウェア(主にCADソフトウェア)が大変重要な役割を背負っていました。
BZB社にとっては経営の利益率の観点から見ても、無視できない比重を占めていました。

■順調に進んだプロジェクト~忍び寄るサブスクリプションの罠~

プロジェクトは順調に進行していましたが『その日』は突然訪れました。
以前よりプロジェクトで使用していたCADソフトウェアのライセンス契約が年間サブスクリプションに突然変更されました。
予想もしていなかった出費です。もちろん予算に計上はしておらずプロジェクトは予算不足になることがわかりました。

予算は足りませんし、サブスクリプション化への決断も時間も足りずなかなか出来ません。プロジェクトリーダーの焦りは募るばかり。
建築設計士や電気設計士、ITエンジニア・・・様々な職種が入り交じるこのメガプロジェクトでは、メンバー全員がCADについて同レベルの知識を持っているとも限らず、
そのことが他のCADソフトウェアへの移行する大きな足かせとなっていました。

しかも、一部の設計が外部に委託されていたため、dwgの互換性にも懸念がありました。
作業者達は大きなサイズのファイル表示も頻繁に使用していましたし、編集及び印刷が必要なので高速なdwgオープンは必須でした。
もちろんソフトウェアの安定性にも高い水準を求めていました。

汗を流せ、血を流すな(Erwin Johannes Eugen Rommel)

仕事に対して真摯であることは当然のこと。しかしサブスクリプションで余計な出費を払い続けることが真摯であるのか?
ZWSOFTのドイツでのパートナーであるEncee CAD/CAM社は、かねてよりBZB社と良好な関係を築いていたため、
藁にもすがる思いでZWCAD Mechanicalを試すことにしました。

テストの結果は、驚くほど良い結果でした。これを受けてプロジェクトリーダーは、以前使用していたCADソリューションを、
手頃な価格で互換性が抜群なZWCADに替えることにしました。

ZWCADはドイツ語を始めとした多数の言語に対応しており、直感的なユーザーインターフェイスが強み。
最終的な不安は実際の作業者からの意見でしたが、これも予想を遥かに上回る意見が多くなりました。

「ファイルがどのフォーマットでも問題なく開ける」、「新しいCADを操作するために特に勉強は必要ない」

このフィードバックを聞いて、プロジェクトリーダーは不安だった気持ちもすぐに晴れたようでした。
BZB社のプロジェクトリーダーは私達にこう話してくれました。

「私たちはencee社と非常に良い関係を築いています。彼らのサポートは的確でかつ迅速です。
Encee社とZWSOFT社との協力で、タイトな工程のプロジェクトでもうまくこなせています。」

図:ZWCADで作成された図面の1つ

■プロジェクトのその後~世界最高峰への挑戦と結果

恐ろしい高度、天候、技術的な課題を克服したツークシュピッツェ山ケーブルカーのプロジェクトチームは3つの世界記録を打ち立てました。

(1)最も高い高度でのロープウェイ鉄塔
(2)同一セクションで最大の全高差
(3)支柱を持たない最長のケーブルカー

つまるところBZB社は観光客をツークシュピッツェ山の頂上まで快適な旅を提供するという約束を守りました。

一時間に580人もの観光客を、2台の車両で頂上まで快適に誘導します。頂上では、展望台で息をのむような風景を、パノラマで楽しむことができます。
素晴らしい景色を望みながらレストランで食事をしたり、博物館でツークシュピッツェ山について学んだり、居心地の良いイグルーの村で
イヌイット族のライフスタイルを体験したりなど、素晴らしいアクティビティを体験することができます。

2007年、ツークシュピッツェ山の頂上から約300メートル下を走るバイエルンのツークシュピッツェ山鉄道は、
ドイツの土木工学の歴史的ランドマークにノミネートされました。
その10年後、ツークシュピッツェ山のケーブルカーはZWCADの支援により、新たな高みに到達しました。

※画像が重いのでご注意ください。

ZWCADの活躍により、多くの観光客の方がツークシュピッツェ山を速く安全に楽しんで貰えるようなりました。

ZWCAD