ZWCAD×JAPAN 企画 好きな建物はありますか?

ZWCADセクションでは日々仕事に精進しております。

みんな旅行好きで、世界中の建物にも興味があります。そんな私たちの休憩の一場面を少しご紹介・・・

メンバー紹介

MASAMI:営業担当。ダイビング好き。きれいなビーチのあるアジアや歴史的な建物があるヨーロッパが好き。
KENTA: 営業担当。ハイキングとオペラ鑑賞が趣味。主に東欧、特にロシアが好き。
ARISA:マーケ担当。会社随一のグルメ。スパイス料理のアジア(特に南インド)と日本が好き。
KEIKO: 製品出荷担当。昔は海外旅行にハマっていたが最近は到着してからゆっくり出来る温泉宿にハマり中

旅行好きなのに全然行けないので最近は4人でインターネット旅行会を開きました笑
そんな私達ですが、旅行会で語った好きな建物についてを掲載致します。もちろん歴史的な建物はCADで設計されたわけではありません。全て熟練の設計者による手書きです。図面は残っているケースもありますがすでに消失、失われているものも少なくないです。
しかしながら修繕や後学への継承のため図面化は多々されております。歴史上の偉大なアーティストに想いを重ねて、古き良き建物を再認識する旅も良いのではないでしょうか。今日はそれぞれお気に入りの建物について語って頂きました。

さあ、デジタル旅行に行きましょう!

MASAMI~ノイシュバンシュタイン城

私は特にノイバンシュタイン城を推しています。ドイツ南部にあり一度行ったことがあるのですが建物自体の荘厳さに加えてその地形にも圧倒されます。

【写真】城外観―激しい渓谷

渓谷の中に建造されており、攻略することもさながら施工にも相当手間と知恵が必要だったのではないでしょうか。

通常渓谷などに建物を建築する際には柱の配置が重要になりますがこれがまた難しいのです。場所の制限、重さの制限、人が立ち入れるかどうか。今のZWCADであれば高性能かつ低スペックのPCのでも使えるため高速で設計、強度計算など可能ですが紙とペンと頭で完結した設計には、頭が上がる気がしませんね。
大変な労力と偉人たちの知恵を元に建設されたこのお城が私は一番好きですね。

【写真】城内部

Kenta~ペテルゴフ-夏の宮殿

私は城ではないのですが、ペテルゴフ(ロシア-サンクトペテルブルグ)が好きですね。ペテルゴフは別名、夏の宮殿とも呼ばれており時のロシア皇帝ピョートル1世が夏の余暇を過ごすために建設された宮殿となります。

【写真】ペテルゴフ~外観

この宮殿はちょうど海を隔ててフィンランドとの国境に位置しています。つまり、美しい海、豊かな自然、美しい建物の全てが融合しているんですよね。宮殿までは船で行くのですが、宮殿が見えたときにはその美しさに思わずため息がでてしまいました。

【写真】ペテルゴフ/噴水

また、この宮殿は水の宮殿とも呼ばれており噴水を始めとして細部に水を使用した仕掛けが使われています。

【写真】フルーツ/いたずら心の水の仕掛け

当時の技術では水を使った仕掛けにはとても厳しい制約を伴った配管設計が必須です。ZWCADは庭の設計にも使われていますし、造船の配管設計では多くの実績があります。当時の設計者の意思が違う形でも引き継がれていることを感じますね。

Arisa~起雲閣 孔雀の間

私は日本の建物が特に好きです、たくさんあって迷ったのですがやはり起雲閣 孔雀の間(静岡県熱海市)が一番好きです。

【写真】外観

孔雀の間は厳密にいうと建築物ではなく建築物の一部です。内田信也の別荘の一部として建てられています。
内田信也(海運王)の別荘の一部として大正8年に造立された建物で。座敷を畳廊下が囲む入側造となっています。これは車椅子生活であった実母の為だと言われています。

快適な空間の設計もさることながら、誰でも過ごせるバリアフリーな空間を作る理念に共感しています。設計段階でかなり入念に練る必要があります。ZWCADは参照ビューポートで画像やPDFを図面上に参照として配置可能です。設計を細かくサポートする気遣いの精神はCADソフトウェアによって強くアシストできるものと信じています。人への気遣いは気が利くCADソフトが一番ですね。

さいごに、床の間は日本建築特有の空間ですが、その中身はそれぞれ違います。設計者の色が出る、想いが詰まっているのではないでしょうか。日本の設計者の工夫と気遣いの精神には感服するばかりです。

KEIKO~マリーナベイサンズ

私はマリーナベイサンズですね。シンガポールにありますし、シンボリックですよね。海外旅行は好きですが、まだシンガポールには行ったことがないんですよ笑なので少し憧れも入っていますよ。

【写真】マリーナベイサンズ/外観

3つのビルに船がそのまま乗っかている、おもちゃみたいな構造ですよね。
なおかつ3つのビルの向きも直線ではありません。船の形も正確には非対称になっていませんしなんなら去年あったアニメ映画みたいに滑って落ちちゃいそうですよね笑
これは設計仕様の過酷さを表していますしCADソフトウェアも高品質なものが要求されます。ZWCADなら安心して出来そうですね。

最後に~

WEB旅行会を楽しんだ4人・・・意外とリフレッシュをすることが出来ました。
そして旅行が出来る日を待ちながら私達の業務は今日も続く・・・

最新のZWCADの30日間無料体験版ダウンロードはこちら

■ZWCADの体験版はこちら
■ZW3Dminiの体験版はこちら

ーーーーーーーーーーーーーー
お問い合わせ先:
ZWCADセクション BLOG担当
info@zwcad.co.jp

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
CHAM Japan

CHAM Japan

ZWCAD/ZW3Dの日本販売代理店である私達はCADソフトウェアのプロフェッショナルです。

お客様へは常に真摯であるようにかつ明るく楽しく元気よくを忘れずに日々の業務を行っています。