日立エレベーター中国がZWCADを全面導入して得たメリット

■日立エレベーター中国について

日立エレベーター中国は1996年に中国に設立された日立グループにおける
海外最大のエレベーター製造拠点です。

中国南部で最大のエレベーターメーカーでもあり,将来的にはアジア最大のエレベーターの開発拠点となることを目指しています。

エレベーター業界のリーダーが使用するZWCADの30日間無料体験版ダウンロードはこちら

インターコンチネンタル上海ワンダーランドではデザイン性が高い日立エレベーターが使用されています


■ZWCAD導入の背景

近年、エレベーターの設計、製造、研究開発の各過程でCADソフウェアは欠かせないものとなっています。
ZWCADを導入することになったきっかけは10年ほど前です。

エレベーター業界のチャンピオンとしての地位を盤石にするためには、高品質なCADソフトウェアを導入する必要性があると
日立エレベーター中国の幹部は認識しはじめたときでした。

AutoCAD等のコスト面やセキュリティに対する懸念は年々増しておりCADソフトウェアの切り替えが急務となっていました。

一目でわかる斬新なエレベーターのデザインはZWCADで生まれています

■ZWCADとの出会い

CADソフトウェアの選定を開始してから複数の予備調査を行ったところ、外資系企業トップ500社の多くが
使用しているCADソフトウェアである「ZWCAD」に軸足を置いて評価を行っていく方針になりました。

その後、日立エレベーターの技術責任者が、社内の設計者数名と共にZWSOFTを訪問し、
ZWSOFTのエンジニアによる製品紹介と技術ディスカッションを行った結果1ヶ月間の評価を行う方針に決まりました。

ZWCADの操作性やインターフェースは基本的にAutoCADと似ており、移行してから使い慣れるまでに時間はかかりませんでした。

■ZWCADを導入したメリット

ファイル形式もAutoCADと高い互換性がありdwgファイルを直接開くことが出来ます。
ZWCADの安定性とファイルオープンスピードはAutoCAD以上の性能を発揮する部分もありあり
極めてコストパフォーマンスが高い製品であるとの結論になり全面的にZWCADを導入していく方針となりました。

ZWCADのアフターサポートも充実しており、使用中に発生した問題もすぐに解決することができたのも大きな評価ポイントでした。

日立エレベーターは評価結果を以って、ZWCADを50ライセンス。そして、ZWCADのパイロットユーザーとして
積極的に最新版を試用、フィードバックを行いZWSOFTと良好な関係を築いています。
現在、日立エレベータでは50台以上のZWCADが定期的にメンテナンスされており設計業務が大幅に高速化しました。

ZWCADとAutoCADの高い互換性は、日立エレベーターの設計業務のみならず
部署間のコミュニケーションの効率化、コスト削減等多くのメリットをもたらしています。

エレベーター業界のリーダーが使用するZWCADの体験版ダウンロードはこちら

※本記事の出典は日立製作所及び上海インターコンチネンタルホテルに準じます。

■ZWCADの体験版はこちら
■ZW3Dminiの体験版はこちら

ーーーーーーーーーーーーーー
お問い合わせ先:
ZWCADセクション BLOG担当
info@zwcad.co.jp

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
CHAM Japan

CHAM Japan

ZWCAD/ZW3Dの日本販売代理店である私達はCADソフトウェアのプロフェッショナルです。

お客様へは常に真摯であるようにかつ明るく楽しく元気よくを忘れずに日々の業務を行っています。