サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート>3Dソリッドモデルから2Dプロファイルを作成
ZWCADの小技34

3Dソリッドモデルから2Dプロファイルを作成ーZWCAD2011新機能

【概要】

ZWCAD 2011Proには、SolProfというコマンドがあります。
3Dオブジェクトの機械製図から構成要素を作成する場合、いくつかの2Dの図面に変更しなければなりません。 SolProfコマンドは、
このような場合に使用します。

1.SolProfを使う前には、まず3つの平面図(上面、側面、正面)と3次元的な図の、4つのビューポートを作成する必要があります。

ZWCAD2011新機能

2.次に、SolProfコマンドを実行します。このコマンドは、各々のビューポートの上で実行しなければならないので、計4回SolProf
コマンドを実行することになります。コマンド履歴の例を下記に示します。
___________________________________________
コマンド: solprof
オブジェクトを選択:
選択されたオブジェクト: 1
オブジェクトを選択:
隠線の外形線を個別の画層に表示しますか? [はい(Y)/いいえ(N)] <Y>:
外形線を平面に投影しますか? [はい(Y)/いいえ(N)] <Y>:
1 個のソリッドが選択されました.
___________________________________________

最後の2つのオプションについて簡単に説明をします。

・隠線の外形線を個別の画層に表示しますか?
Yでは、隠線の外形線を別の画層に表示します。
Nでは、見えている全ての線を1ブロックとして作製します。

・外形線を平面に投影しますか?
Yは、外形線を平面図に表示します。
Nは、外形線を3D図面に表示します。

 

下図は、SolProfを使った後の結果です。3Dオブジェクトから作成した外形線を確認することができます。また、外形線
(例えばPH-1DFとPV1DF)は、いくつかの画層に分けられています。

ZWCAD2011新機能

3.3Dオブジェクトから外形線を作成しました。このとき、Layersマネージャーで最初の3Dオブジェクトの画層をオフにする
ことができ、線タイプ、外形線の線の重さを変更できます。

ZWCAD2010新機能

上図のように設定すると、下図のように変更されます。

4.各々のビューポートで外形線をセットしています。また、テキストや寸法を設定することで、より便利になります。

ZWCAD2011新機能