サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート >スタンプ機能
ZWCADの小技19

スタンプ機能

【概要】

PlotStampコマンドはZWCAD 2009iの新機能です。

ZWCADのPlotStampコマンドは、図面の端に1、2行のテキストを加えます。テキストに含まれる情報は、図面のファイル名(レイアウトの名前)と日付と時間です。印刷に関する情報から、元の図面をコンピュータですぐに発見することができます。このコマンドは特に多数の図面からなる大きなプロジェクトで役に立ちます。

また、図面/レイアウト名、日付と時間を適用する他に、他の情報(例:デバイス名、用紙サイズ、計画スケール、ログイン名など)から選ぶことができます。他にも、「追加/編集」オプションから自分自身で使う情報を定めることができます。

さらに、ZWCADのPlotStampは、高度なオプションを提供しています。印刷上で、PlotStampの位置とオフセットを指定することができます。また、フォントタイプ、テキストのサイズ等も指定することがきます。

これらのPlotStampの設定は、PSSファイルとして保存されるので、このファイルをロードすることで、自動的にすべてのPlotStampの設定をすることができます。