サポート

よくあるご質問

オンラインデモ

テクニカルノート

ZWCAD Classic
マニュアル

トップページ

support
Top page > サポート > テクニカルノート > UCADの小技 | ボルト系のシンボルを作成する方法
UCADの小技1

■UCADの小技 | ボルト系のシンボルを作成する方法
■ボルト系コマンドは、ボルト系のシンボルを図面内に配置する場合に使用します。

手順は、以下です。
1.[#ボルト系]アイコン 図1 をクリックします。
下図のダイアログボックスが表示されますので、配置する種類のボタンをクリックして下さい。
図2


2.ボルトまたは穴付きボルトを選択した場合は下図のダイアログボックスが表示されます。
*ボルト、穴付きボルト以外を選択した場合は2、3の操作はありません。

図2


3.呼び径を選択します。
4.下図のダイアログボックスが表示されますので、配置するサイズを
選択しOKボタンをクリックして下さい。

図2


5.挿入位置を指定または
[尺度(S)/X/Y/Z/回転(R)/プレビュー尺度(PS)/プレビューX(PX)/プレビューY(PY)/プレビューZ(PZ)/プレビュー回転(PR)]:
*シンボルを挿入する位置を指示して下さい。

6.X 方向の尺度を入力するか対角コーナーを指定または[コーナー(C)/XYZ] <1>:1
*X方向の尺度を入力して下さい。

7.Y 方向の尺度を入力<X 方向の尺度を使用>:
*Y方向の尺度を入力して下さい。(X方向の尺度に合わせる場合リターンキーを押して下さい。)


8.回転角度を指定<0>:
*回転角度を入力して下さい。0度の場合はそのままリターンキーを押して下さい。


上記の方法で、ボルトを挿入しました。