トップページ

製品概要

製品詳細

機能比較表

ネットワーク版

価格

動作環境

オンラインデモ

体験版ダウンロード

よくあるご質問

ご購入

ZWCADカタログ

活用例

banner
Top page > プロダクト > 製品概要
お使いのAutoCADにご不満はございませんか!?
導入費用が高い

CAD市場で最もシェアの高いソフトは、Autodesk社が提供するAutoCADです。
現在、Autodesk社のAutoCADをお使いの方も多いかと思いますが、
1ライセンス190,000円〜585,000円と、導入費用だけでもかなりの高額になります。

   
維持費が高い 高額な導入費用を割いて購入してもそれを維持するためにはバージョンアップが必要です。
リリースされる最新版に対応するためには、高額のバージョンアップ費用
(約133,000〜410,000円)が必要となってきます。
   
最低3年に1回出費が必要

バージョンアップなんてしなければよいとお考えになるかもしれませんが、
Autodesk社のAutoCADは、3年以内にバージョンアップしなければシステムごと
買い直しとなってしまいます。
ですので、3年に1度のバージョンアップが必須です。

※2015年2月以降からのバージョンにはサブスクリプション契約が必須。

  Download Page
そんな不満をすべて解決するCADソフトが「ZWCAD」です!
圧倒的な安さ ZWCADならパッケージ購入で75,000円〜導入が可能です。
バージョンアップも20,000円〜と格安で対応可能です。
さらにバージョンアップ期限もなく、費用面での負担を大幅カットできます!
   
抜群の互換性 50,000以上のチェック項目をクリアしたDWG互換性は精度が高く、
AutoCADで作成した図面を、いつでも正しく表示。
「まるでAutoCAD」!操作性も抜群です。
対応比較表はこちらから確認できます。
   
スムーズな移行 コードレベルで互換性のあるAPI使用で他のアプリケーションからの移行速度を
従来の10分の1に短縮しております。
AutoCADで使用中の自社プログラムも平均1週間で移行可能です。
  Download Page
ZWCADとは

ZWCADとは、低価格でありながらAutoCADとの高い互換性を持ち、AutoCADの使い慣れた操作やコマンドをそのまま使用でき、 AutoCADの既存アプリケーション移植性もかなり高いソフトウエアです。
ZWCADは、標準ファイルフォーマットにOpen DWGを採用し、独自開発のCADエンジン(カーネル)を搭載し、分かりやすいリボンメニューとクラシックメニューを自由に切り替えて使用できます。 また、100MB以上の大容量図面でもスムーズに動作します。


なぜ、ZWCADなのか
ZWCADが選ばれている理由

最近CADメーカ各社は、ハイエンド三次元CADの売り込みに大変な力を注いでいます。
日本のCAD市場は、CAD導入企業の実に80%が今も二次元CADを使用しており、三次元CADを使っているユーザーは全体の約20%で、多くのユーザーが、これからも二次元CADを使い続けると答えています。
そのような中、日本の二次元CADシェアの約25%以上を占め、二次元CADのデファクトスタンダードといわれるAutoCAD-LTは、 近年サブスクリプション方式を導入し、使用を継続する限り費用負担(45,360円/年、5,400円/月)が発生するようになりました。


AutoCADの維持費用は企業にとって非常に厳しくのしかかってきています

このような状況の中、AutoCADと高い互換性を持ち、これまで(AutoCAD2.5〜AutoCAD2017*)のDWG図面ファイルがそのまま開け、高機能で低価格なZWCADが今注目され、導入するユーザーが増えています。


CADソフトウェアのライセンスコストを劇的に改善!
 ZWCAD導入活用例はこちら
Download Page