ユーザー活用例1

ユーザー活用例2

トップページ

 

banner
Top page > 活用例 > 活用例1
ZWCAD活用例1
土地や不動産の購入・売却・仲介とそれらにともなう土地・不動産取引や調査、評価等の場面において、
地図データや図面データをあつかうことは多いと思います。

取引先からの図面に、測量図や、土木計画設計図や該当地域の航空写真などを貼り付けて、少しの変更や編集などCADデータの加工は必要になるが、詳細な図面は自社で作成しないような場合、できるだけ低価格でDWGデータのファイル互換性があるCADソフトを導入すればコストを削減することが可能です。

土壌汚染調査など、土地取引に関わるコンサルティングをされているA社では、ZWCADをネットワーク
ライセンスで導入し、CADソフトのコスト軽減に効果を上げられています。

 

A社がZWCADの導入を決めるまで
Q:当初、悩んでいたことは何ですか?
A:客先からのデータ互換性のためにAutoCADを導入していたが、設計業務がほとんどない営業部門でも、CADソフトを持たなければならないので、ライセンスや保守サポートのコストの負担が大きくなっていた。
 
Q;ZWCADを知ったきっかけは何ですか?
A:コスト削減のため安価な、AutoCAD互換CADソフトを探していたところ検索エンジンからZWCAD.co.jp
のホームページにたどり着いた。
 
Q:ZWCADに決めるまでに、(躊躇した)迷ったことはありますか?
A:東京と大阪でネットワークライセンスが、実際に使用に耐えうるか心配だった。
 
Q:それは、どのように解決しましたか?
A:CHAM Japan よりネットワークライセンスの体験版を1ヶ月借用してテストした
 
Q:購入する際、決め手になったのはなんでしたか?
A:費用対効果と、予想以上に使い勝手がよかった(AutoCADと同じように使えた)
 
高価なCADのバージョンアップ費用を避け、ZWCADに乗り換えるAutoCAD-LTユーザーが増えています。

なぜでしょう?
取引先からインターネット経由で送られてきたDWGファイルの図面を実際は作図や編集をほとんど行なわず、少しの変更やラスターデータ等の資料を貼付して閲覧・印刷するなどの用途で使いたい場合はありませんか?

取引先からのDWGデータのファイル互換性を保つという理由だけで、高価なCADソフトを、それも複数の
ライセンスを購入しなければならないのは、依然として先行きの見えない経済環境の中、コスト削減の
観点からみても非現実的ではないでしょうか。

ましてや、CADソフトがいくら高価だからといっても違法なコピーでの不正使用はコンプライアンスの面から、また会社の信用度の点からも絶対に避けなくてはなりません。 設計図面を一から描くわけではいが、CADデータの加工は頻繁に必要なるという業務では、CADソフトの
コスト負担は少なくありません、ソフトの買い切りであればまだしも、サポートやバージョンアップのための
費用も必要となればなおさらです。 全く作図や編集しないのであれば、DWGのビュワーやブラウザで事足りるかもしれません、しかし製図
とまでは言わないまでも、変更や追加、貼付といったちょっとした作業は必要になると言った場合には、
何かよい解決策はないでしょうか?
 
このような、費用対効果が低い高価なCADソフトの費用負担にお悩みの皆様
是非、ZWCADをお試しください。 ZWCADは、AutoCAD2.5〜2009までのDWGファイルに互換性を持ち、AutoCAD-LTのバージョンアップよりも安価に導入できるコストパフォーマンスの高いAutoCAD互換の汎用2次元CADです。

もちろん、CAD機能も充実しているので、上記のようなニーズはもとより使いやすさを考慮した機能が多数搭載されCAD初心者から上級者ユースにも堪える操作性と機能性を実現しています。
 

ダウンロードはこちらから

*体験版はシングルライセンスとなります。
ネットワークライセンスの体験版をご希望の方は下記お問合せフォームよりご連絡ください。